WisdomBase (ウィズダムベース)

公開日: 2023/11/24
WisdomBase(ウィズダムベース)の画像

ウィズダムベースは、社内外での知識の共有が行えるオンライン学習管理システムです。独自の学習コンテンツの作成やオンライン試験・CBT試験の実施が行えます。本記事では、ウィズダムベースの特徴と魅力を詳しく紹介していきます。CBT試験サービス・オンライン試験サービスをお探しの方はぜひ参考にしてください。

6千万通りの設定項目で試験を自由にカスタマイズ

ウィズダムベースでは、様々な設定項目が用意されており、それぞれの項目を細かく調整できることによって高いカスタマイズ性能を誇っています。一口に試験といっても、ユーザーごとに試験に求める要素は違っていることかと思います。

ウィズダムベースを利用すれば、細かい所まで自由に設定することが可能なため、求めている形で試験を実施することが可能です。ここでは、ウィズダムベースの試験のカスタマイズ性について詳しく紹介していきます。ウィズダムベースの導入を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

対応している問題形式

ウィズダムベースでは、多彩な問題出題形式に対応しています。選択式・穴埋め式・記述式といった基本的な出題方法だけでなく、1度までしか再生できない音声でのリスニング問題なども作ることができます。少し特殊な出題形式の試験が行えるサービスをお探しの方に最適です。

制限時間の設定

ウィズダムベースでは、細かく制限時間を設定できるようになっています。試験のトータルの終了時間制限はもちろん、問題1問1問に制限時間を設けることも可能なため、試験難易度を調整したい際などに便利です。

試験開始・終了条件の設定

試験の終了条件や開始条件も細かく設定することが可能です。開始条件としては、何時から開始するのかを設定でき、終了条件としては時間で終了するのか、全問回答しなければ終了できないようにするのかなどの条件が設定できます。

また、受験回数の制限もかけられるため、不正に何度も受験することをあらかじめ防ぐことが可能です。

禁止行動の設定

ウィズダムベースでは、試験中に受験者の操作を制限する禁止行動の設定も行えるようになっています。禁止行動としては、試験中のタブの移動や問題文のコピー操作、受験端末の制限などがあります。

ウィズダムベースで作成する試験はパソコンに限らずタブレット端末などでも利用できますが、受験端末の制限を利用すれば、パソコン以外からのアクセスを弾くことが可能です。

結果表示の設定

試験終了時には、各個人の結果をすぐに表示するか、問題ごとの解説を表示するかを選択することが可能です。複雑な結果レポートを表示させることもできます。

受験前フォームの設定

ウィズダムベースでは、試験前に問題とは別にフォームを設置することが可能です。フォームでは学年や名前などを受験者に入力させることができ、結果の集計の際に反映させることができます。所属部署や学年別に試験結果を集計したい際に便利です。

通信不能時の挙動設定

ウィズダムベースでは、オンライン試験中に通信トラブルが起こってしまった際の挙動も設定することが可能です。

選べるのは、トラブル時にそこまでの結果を保存してネットに再び接続出来た際に復帰できるようにするか、再試験にするかです。受験者各々がそれぞれ違った通信環境で試験を受けるオンライン試験だからこそ通信不能時の挙動設定は必須と言えます。

多言語への対応

ウィズダムベースでは、日本語以外の言語にも対応しています。現状対応している言語は、英語、ベトナム語、韓国語、ポルトガル語、簡体中国語、繁體中国語の7言語です。多言語に対応しているため、試験を海外展開したり、日本語話者以外も受験者にしたりすることが可能です。

CBT試験にも対応

ウィズダムベースはオンライン学習管理システムではありますが、各々が自宅などの場所で試験を受けるオンライン試験形式だけでなく、受験者を会場に集めて試験を行うCBT試験にも対応しています。

オンライン試験であっても十分な不正防止対策が用意されていますが、必要に応じてCBT試験に変更することも可能なため、試験会場をどこにするかで迷っている方にも最適です。

インカメラ監視とデスクトップ監視で不正防止

ウィズダムベースでは、オンライン試験時にユーザーが替え玉受験やカンニング、問題の流出といった不正行為を行えないよう、不正対策機能を豊富に搭載しています。

不正対策機能は十分に準備されていますが、万が一に備えて不正を記録する機能も搭載されているため、不正が起こってしまったとしても安心です。ここでは、ウィズダムベースの不正を防止する機能と不正の記録を残す機能について詳しく紹介していきます。

不正を防止する機能

不正を防止する機能としては、タブ移動の禁止、コピーアンドペーストの禁止、端末制限によるパソコン受験の強制、問題プールの作成などが用意されています。問題プールの作成とは、問題をあらかじめ多めに作成しておくことで、受験者ごとに違う問題を出題する機能のことです。

受験者ごとに違う問題を出題することによって、問題の不正な流出を抑制できます。タブ移動は間違えて操作してしまうことも考慮し、警告のポップアップを表示してから試験を終了させられるため、うっかりミスで試験が続けられなくなってしまう心配はありません。

不正の記録を残す機能

不正の記録を残すための機能としては、インカメラによる監視とデスクトップの監視の2つの機能が搭載されています。

試験開始から試験終了時まで、インカメラによる受験者の顔の映像と、デスクトップに映されている内容を記録する映像が撮影されるため、カンニングや替え玉受験、問題のコピー行為が行われたとしても、試験終了後に不正を行った人を特定することが可能です。

また、あらかじめこういった機能が搭載されていることを受験者に対して伝えておくことで不正を抑制する効果も期待できます。

強固なセキュリティで安全に運用できる

オンライン試験を行う際に最も気がかりなのがセキュリティ面の安全性かと思います。

仮に完璧な試験が行えたとしても、個人情報の流出に繋がったり、試験問題を管理者以外が盗み見ることができたりするのであれば意味がありません。そこでここでは、ウィズダムベースのセキュリティ対策について詳しく紹介していきます。

ログイン時のセキュリティ対策

ウィズダムベースでは、情報の漏洩を予防するためにログイン時のセキュリティ強化に力を入れています。具体的な対策としては、多要素認証、認証メールの送信、Basic認証を取り入れています。

多要素認証とは、ログイン時にユーザーにメールアドレスとパスワードの他に認証コードの入力を強制する機能のことで、Basic認証とはサイトにアクセス制限をつける機能のことです。

これにより公開前のサイトへアクセスされることや不正に入手したユーザー情報を利用してログインすることを防ぐことができます。また、認証メールの送信機能によって、ユーザーの新規登録時に他人のアドレスでユーザー登録されることを未然に予防できます。

シングルサインオンに対応

ウィズダムベースでは、SAML認証方式によるSSOに対応しており、SAML2.0対応のIDプロバイダに登録しているアカウントであればツールに関係なく連携させることが可能です。パスワードの使いまわしを抑制できるため、情報が外部に漏れてしまうことも未然に防げます。

まとめ

本記事では、ウィズダムベースの特徴を紹介しました。いかがだったでしょうか?ウィズダムベースは、社内外向けに自社のノウハウや知識を共有する学習環境を構築できる学習管理システムです。

試験はオンライン試験とCBT試験の両方に対応しており、受験者の自宅で試験を受けさせたい際にも会場で試験を実施したい際にも利用できます。不正対策・不正を記録する機能が多数搭載されているため、オンライン試験であっても不正が行われる心配がありません。

本記事が、CBT試験サービスやオンライン試験サービスをお探しの方のお役に立てれば幸いです。

WisdomBase (ウィズダムベース)の基本情報

会社名株式会社シェアウィズ
住所〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3−2−7 第一住建南久宝寺町ビル8階
電話番号06-6125-5834

【ジャンル別】CBT試験運営会社

CBT試験運営会社ランキングTOP3!

イメージ1
2
3
サービス名
CBTS
(シー・ビー・ティ・ソリューションズ)
プロメトリックピアソンVUE
(Pearsonvue)VUE
会場品質
国家試験基準を満たす

国家試験基準を満たす
システム機能
主催者管理、団体管理、決済制度、AI、物販、E-ラーニング等多彩な機能
システムのカスタマイズ性
内部に開発部隊あり

外部委託
製品モデルのみ
サポート
(コールセンター/TCサポート等)

TCサポートは海外等
高度試験分析(IRT)
専門実績多数

専門実績多数
価格
低価格

高価

高価
その他プロモーション支援
日本の資格検定を運営
1000万/年PVサイト
記載なし記載なし
海外展開(海外実績)なし
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事